へっぽこのゲーム攻略ブログ

へっぽこゲーマーによるゲーム攻略情報サイトです。youtubeでへっぽこチャンネルを開設しました

オーバーウォッチ攻略

オーバーウォッチで勝つための上達方法まとめ

2016/10/25

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション

オーバーウォッチで勝つための上達方法を書いていきます。

【ゆっくり実況:オーバーウォッチ】理屈倒れのプレイ上達講座の投稿を開始しました。

スポンサーリンク

キル数を競うゲームではないと理解する

このゲームはキル数を競うゲームではなく、複数ルールはありますが共通して言えるのは陣取り合戦です。そのため極端なことを言ってしまえば、敵を倒さなくてもライフを削り撤退してもらい、とにかく陣地に居座ってしまえば勝利できます。

優先すべきは常に陣地の確保です。
キル数なんておまけにすぎんのです。敗北するプレイヤーはそれがわからんのですよ。
むしろキルレシオを気にすると弱くなるまである。

そもそもこのゲームにおいてのキル数は、サポートキルも一緒にカウントするため、強いオフェンスと一緒に行動してかすらせればおのずとキル数は稼げます。そこまで重要視する必要はありません。

野良プレイでウィドウメイカーやハンゾーが嫌われるのもこれが原因です。死なないように立ち回るのも重要ですが、陣取りをしないと負けるゲームなので、死んでもいいから敵に突っ込むというのも選択肢の1つです。

キル数を競うゲームなら芋る(安全地帯に引き籠もって攻撃する行為)のもマナーとしてどうか意見はわかれますが、ありといえばありです。ですがこのゲームシステムだと敗因にしかならないので避けた方が無難です。

ウィドウメイカーやハンゾーはエイム技術を要求されるヒーローなので、まずはソルジャー76でエイムになれることをおすすめします。

チーム用ヒントに従うこと、ただしスナイパーがいませんは無視すること

CuteSprayAvatars-Widowmaker_OW_JP_400x400

チームプレイが重要なので、チーム編成時に勝敗が決まるといっても過言ではありません。マップによって得意とするヒーロー(MAP別におすすめヒーローまとめました)が異なるので把握しておきたいのですが、最低限チーム用ヒントに従って編成すれば大過ありません。

ですが、1つ無視して欲しいアドバイスがあります。それは「スナイパーがいません」というアドバイス。これ罠です。

スナイパー基本いりません。よほど上手くない限り、活躍できる場所が限定されているので、ポイントポイントで登板する分にはかまいませんが、そうでないなら敗因になりかねません。

そもそもスナイパー枠なのにスコープもついていないハンゾーとはいったいなんなんだ。弓でも今時スコープつけられるぞ。弟はあんなにネオサイタマしているというのに。兄弟間での技術格差がやばい。

ヒーローの相性を把握する

ヒーローごとに得意な相手、苦手な相手がいるのでよく使うヒーローだけでも相性を把握し、得意な相手を狙い、苦手な相手を避けるように立ち回りましょう。

敵が弱っているなら相性の悪い相手でも無理をしていいのですが、そうでないなら基本的に逃げた方がよいです。相性の悪い相手をさけ、得意な相手を狩る。これを徹底してください。

使えるヒーローを増やす。ヒーローを状況によって変更する

リスポーン地点なら何度でも操作キャラの変更を認められているゲームなのだから、状況に応じて変更するようにしましょう。火力が足りていないならオフェンスに変更する。設置型の処理が間に合っていないなら中・長距離の得意なヒーローに変えるなど、最初から最後まで同じヒーローを使う必要はありません。

ただし、野良プレイでやる場合はなるべくバランスが崩れないように配慮し、ロール内でのヒーロー変更にとどめておいたほうが無難です。とくにサポート役は1人はいないとマズいことになります。

タレット・バスティオンは絶対壊すべし!あとテレポーター

【オーバーウォッチ】タレット対策講座 うざいタレット爺とはこれでおさらば!

タレット・バスティオンは絶対壊すべし。慈悲はない。特にシンメトラのテレポーターはやばい。リスポーン地点と設置場所を一瞬でつなぐワープ装置で、こいつがあるとキルしてもすぐに戦線に復帰するため、攻略難易度が跳ね上がります。

積極的に裏をとって破壊しましょう。タレット、バスティオンの対処方法は上の記事を参考にしてください。そして、タレット爺5体とかのチームに野良プレイで遭遇したときどうすればいいのか教えてください。

たぶん1人ウィドウメイカーとかに変えたくらいじゃ処理しきれずに終わる。そもそもタレット設置のクールダウン8秒って短すぎるんじゃ。やっぱアーマーと同じでスクラップ消費とかコストもっと上げてくれないと不利だよ。

現状だと、タレットの性能は換装したバスティオンみたいなものじゃない。タレットの横でガトリング撃っていると、あれ? 爺に作ってもらったっけ?という気になる。

兵力の逐次投入は愚の骨頂。仲間が揃ってから突撃する

倒された⇒すぐに前線に行く⇒誰もいない⇒やられるの繰り返しになっていませんか? 単独で敵を圧倒できるのは無双ゲームかニュータイプのみです。必ず仲間と行動しましょう。

リスポーン地点に戻ったら必ず仲間の状況を確認してください。それと敵の編成も確認し、状況に合わせた操作キャラの変更もしたいところです。

ただし、オーバータイムの時はとにかく突っ込め!
1人でも目標エリア、ペイロード周辺にいれば粘れるのでとにかく急げ! 時間を稼ぐんだ!

ルシオとかゲンジがこういう時に強いですね。あいつらが貼りついていると本当に厄介。ただしゴリラが仲間にいるときは別。ゴリラ強いよゴリラ。

オーバーウォッチ覚えておきたいヒーローのテクニック

ちょっとしたヒーローのテクニックをまとめておきます。

  1. マクリーのコンバットロールは避難用に使うと安定します。
    フラッシュバン⇒L2。撃ち漏らしたらL1回避。
  2. ハンゾーのUAは壁抜けします。なので完全に安全な場所からの狙撃も可能。ちなみに龍の出ていない矢の状態で、ゲンジの木の葉返しを食らうと跳ね返されます。アイエエエ!?となる。UAも普通に跳ね返すからな。
  3. バスティオンはペイロードに乗っかると結構厄介。ちょっとした被弾ならペイロードが修復してくれるので強い。
  4. D.Vaの自爆UAはメイのクリオフリーズでメイ自身は勿論、メイの後ろに隠れたプレイヤーも無事にすみます。
  5. ロードホッグのチェインでバスティオンのセントリーモードを解除できます。
  6. ウィンストンのUAを使うと完全回復します。敵陣に突っ込み、ライフが100をきったらもう一暴れしましょう。
  7. ペイロードは押している人数でスピードが変わるので可能な限り、ペイロード周辺にいたほうがいいです。また、ルシオと同程度の回復効果もあるので裏をとるヒーローでも、ペイロードを軸に動くようにしましょう。

強くなりたければ感度設定を遅くしなさい

感度設定、視点移動のスピードは自分にあった数字にしてください。と言いたいのですが、初心者に関しては遅い方がよいです。オーバーウォッチのデフォルトは感度30なのですが、結構速いです。

縦横の感度を5からはじめて次第に上げていくことをおすすめします。一応の目安と言いますかFPSで一般的なことを改めて書くと、近接戦が多いのであれば高めに、遠距離戦が多いのであれば感度は低めに設定することをおすすめします。

感度が高い=強いという意見はありますが、着実にエイムできる技術があるかどうかが重要なので、感度を高くして振り回されるよりも、遅くして無駄なく狙いを定める方がはやいのであれば問題ないのです。

コントローラーでやる分には、トレーサーであっても感度20もあれば十分な気がします。
エイム上達方法についてまとめたので読んでください。

FPSは音ゲー

FPSは音がとても重要な情報源です。敵の位置や行動、オーバーウォッチならUAの発動、ファラの飛行音などなど。音を聞き分けることで有利に戦えます。ここで注意したいのはスピーカーよりもゲーミングヘッドホンの方が圧倒的に音の聞き分けが簡単です。

突き詰めるとキリのない予算に応じてコストパフォーマンスのよいものを紹介すると、とにかくこれが強いです。ただ、普段使っているイヤホンでもディスプレイのオーディオより聴きやすいです。・・・・・・問題は耳が疲れます。

そういえば凡夫は遭遇していませんが、ボイスチャットを利用して不快な音をだして妨害するプレイヤーがいるそうです。そこまでするのか。と、とにかく音がいかに重要かがわかる事例です。

それでもダメならPS4向けマウスコンバーター

FPSはマウスで操作した方が強いです。コントローラーよりもエイムを直感的に操作できるからです。ただし、マウスコンバーターは高いです。

設定などありますが、簡単にいうと、これをPS4につないでマウスを接続すればマウスでFPSができるようになります。付属のマウス以外にも自分のお気に入りのマウスで遊べるのが最大のメリットです。ただし高い。

もっと安いマウスコンバーターもあるにはあるのですが、動作に不安がありイマイチ信用できません。このコンバーターは凡夫も実際に使っているのですが、安定して稼働します。

この3種の神器を揃えると快適にマウスでFPSをプレイできます。だいたい2万5千円くらいしますがね! やはり高いのでおすすめはしづらいのですが、確実に上達します特にウィドウメイカーは化けます。

マウスを揃えようと思ったら高くつくので純正品にこのアクセサリーを付けるのが一番無難かも。

FPSおすすめゲーミングデバイス

金にものを言わせてしまいましょう。PS4で遊ぶなら最低限ヘッドセットとアシストキャップのこの2つは購入することをおすすめします。

FPSは沼です。もう本当にきりがないです。一番金のかかるPCがPS4で代用できるからまだいいとして、ハイエンドな品々で揃えようと思ったら10万円くらい簡単に飛ぶもの。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オーバーウォッチ攻略